豊田市 プロパンガスのコメジ・ソシオ 沿革

 沿革            「業態変化のフロー」はこちら

明治初年 現在の豊田市九久平町地内に永野治三郎が穀物・薪炭問屋「米治商店」を創業
明治11(1878)年 当時の九久平村に「米治商店」を穀物問屋及び薪炭問屋として登録・創業
大正4(1915)年には、岡崎−九久平−足助間をフォード社製の乗合自動車開通
昭和3(1928)年 永野鉱太郎が「米治商店」を引き継ぐ
昭和7(1932)年には、トラック輸送が始まり舟運の衰退と薪炭問屋の転廃業
昭和34(1959)年には、伊勢湾台風による粗朶、杭丸太等資材の復旧特需
昭和35(1960)年 「合資会社米治商店」設立
永野鉱太郎代表社員に就任
昭和37(1962)年 液化石油(LP)ガスの小売を開始、松平町指定水道工事店を開始
昭和39(1964)年 永野邦夫代表社員に就任
昭和43(1968)年 本社ビル竣工
昭和45(1970)年には、松平町が豊田市に編入合併
昭和46(1971)年 豊田市指定配水管布設工事業開始
昭和60(1985)年 公益事業として簡易ガス事業を松平団地にて開始
平成9(1997)年 「合資会社米治商店」の法人格を株式会社に変更
同時に社名を「コメジ・ソシオ株式会社」に変更
永野邦夫代表取締役社長に就任
平成10(1998)年 永野卓司代表取締役社長に就任、永野邦夫代表取締役会長に就任
豊田建設業協同組合に加入、公共土木工事へ本格参入
平成13(2001)年 下水道事業拡充並びにリフォーム事業展開のため住設部新設
平成14(2002)年 産業廃棄物中間処分業許可
「創業125周年記念事業」として「リ・バイオセンター長沢」操業開始
平成15(2003)年 太陽光発電システム販売開始
トップページに戻る