配水管布設工事           お問い合わせ先:営業2部(水道部) 

配水管布設工事写真1 配水管布設工事写真2
配水管布設工事写真3  配水管布設工事は、上水道管工事標準仕様書に基づき、設計書、図面、現場説明等を遵守し、事前調査を十分に行い、準備工〜仮設工〜本体工事〜給水切替工〜舗装工事という流れで、工期内に完成書類を提出し、竣工検査を受ける。

 工事範囲が、一般道(公道)、民地内ということで、住民のみなさまに迷惑のかからないように、十分配慮して、工事を進めていくように努めています。

上記左側の写真は、他埋設物を十分注意しながら、作業員を付けての掘削状況です。

 上記右側の写真は、一般的な、直径75ミリD1P-K、H=800ミリで布設した状況です。

 左側の写真は、大口径の直径700ミリの管で、掘削深度がH=2,500ミリ以上となるので、人が入って管を接続する為飛矢抜工、L=1.0ピッチで、土留を施工し、管を布設した状況です。
トップページに戻る